会長挨拶

【奉仕しよう 地域のために】

苫小牧東ロータリークラブ 会長 鈴 木 浩 之

2021-2022年度 苫小牧東ロータリークラブ方針

【奉仕しよう 地域のために】

20212022年度 RIシェカール・メータ会長方針 「奉仕しよう みんなの人生を豊かに するために」

2021-2022年度 大日向 豊吉ガバナー 第2510地区目標 「世界に奉仕を地域には感謝を」 ・ 「不忘感謝先人偉業」

  1. RI会長テーマの理解と促進
  2. リーダー育成の観点からRLIへの参加を促す
  3. ロータリー情報の提供、 広報、 クラブ目標の設定などあらゆる手続においてインターネットの活用を推進する
  4. ロータリー財団 ボリオ根絶への理解を求め会員の積極的な理解を求める
  5. ロータリー米山記念奨学会への理解と協力を求める
  6. 会員増強、 Each One Bring Oneの推進と 「ロータリー奉仕デー」 の実施
  7. クラブにおける戦略計画の立案 (未来ビジョン策定) と目標の設定を推進する

この方針に基づきまして 2021-2022年度の会長方針は「奉仕しよう 地域のために」 に、 致しました。

地域に奉仕する伝統を継承し様々な考え方で奉仕を継続し、 私達ロータリアンは人のため、 地域のために何ができるかを常に考えて行動しなければならないと思います。 地域と共に地域の方々の活動に参加し、 共に活動することによってロータリーの意義とロータリーの存在を知って頂く事が重要です。 地域に溶け込み地域と共に活動していくことが地域にとっても、ロータリークラブに とっても大切なことだと思います。

  1. 地域に奉仕する伝統を継続する様に務めます
  2. 地域の方々の活動に参加し共に活動する様に務めます
  3. こども食堂への支援 (ボランティア 物資 その他への支援等)

与えられた会長年度を、私自身に言い聞かせて役委員 会員の皆様方のご協力を戴きながら 努めていく覚悟でございます。

TOP